« イオン千葉ニュータウンSC④ | トップページ | 東京ドーム(今年は1塁側に・・・) »

2006年6月17日 (土)

バリアフリーなのに何故?

ブログランキングいつもありがとうございます。(クリックお願いします)

最近、とても気になるのが、ハートビル法の基準で建築された建物(バリアフリー)なのに、その建物の中に入っているお店に段差があることですね。

特に最近目立つのが飲食店ですね。

建物全体がバリアフリーを徹底していてその中にはいっているお店がバリアをつくっているのが気になります。おしゃれを基調としてつくっているのでしょうけれど、我々車椅子利用者の立場からすると、「車椅子の方、お断り・・・」って言われているような気がしてならないんですね。

最近のハートビル法の基準で建てたお店なのに何故?

って思ってしまいます。

ちょっと気になったのでブログに書いてみました。

ブログランキングいつもありがとうございます。(クリックお願いします)

|
|

« イオン千葉ニュータウンSC④ | トップページ | 東京ドーム(今年は1塁側に・・・) »

コメント

某ホテルはあるはずの部屋もなかったですけどね~^^)
そう駐車場OK、トイレもOKなのに、中の飲食店や社外のテナントの店には、デザイン、空間の取り方に重きが置かれてるところも多いですよね。
法律的には、全体がバリヤフリーでなくてもOKなのでしょうかね?
某100円ショップとかも車イスで入れるといいのですが。。。

投稿: タケノコ | 2006年6月19日 (月) 22時49分

お久し振りです♪
最近更新は休んでおられるのでしょうか?・・と言いつつ私もブログはちょっと休んでいるのですが(汗)。

バリアフリーのはずの店に段差があったり・・ということは多いですよねえ。私も実感しています。

サイトにもちらっと書いたんですが、かえって郊外型コンビニのトイレの方が充実していたりしてびっくりすることがあります。

投稿: まりん | 2006年7月 8日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86585/10521379

この記事へのトラックバック一覧です: バリアフリーなのに何故?:

» 療養温泉とレクレーション温泉の並立は不可能でしょうか [高齢者・障害者とその家族が共に楽しめる温泉の実現を目指して!]
 (専用)車椅子や(専用)寝台のままで入れる温泉施設は、本当に医療施設以外での実 [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 17時23分

« イオン千葉ニュータウンSC④ | トップページ | 東京ドーム(今年は1塁側に・・・) »