« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

碓氷峠鉄道文化むら【6】 (群馬県安中市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

Img_4008

鉄道模型は昔の新幹線(0系?)が走っていますね。

Img_3994 Img_3998

Img_3995 Img_4000

100円を入れると動く仕組みになっています。お金を入れないと動かないんですよ。

Img_3996 Img_4002

ちょっと残念ですね・・・。

建物から出ると、すぐそばにある「峠の釜めし」はこの施設でも販売していましたね。

これは助かりますね。大人気商品ですから・・・。

この施設には身障者用トイレはあります。

Img_3984 Img_3985

館内図を見る限り2ヶ所のようです。

Img_3987

トロッコ列車に乗っている時間が長かったのでこの施設に滞在している時間が長く感じましたが、2時間位でしたね。

鉄道ファンはぜひともいかがですか?

★碓氷峠鉄道文化むら

群馬県安中市松井田町横川407-16

電話 027-380-4163 ファクス 027-380-4111

ホームページ http://www.usuitouge.com/bunkamura/index.php

※毎週火曜日が休園のようなのでご注意ください。

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月30日 (木)

碓氷峠鉄道文化むら【5】 (群馬県安中市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

鉄道文化むらは昔活躍していたL特急や電気機関車などが展示されております。

L特急あさまが展示されています。

Dsc_1028

今でいうあさまは長野新幹線になっていますが、当時は上野~長野・直江津間のL特急でした。

信越本線で横川~軽井沢間がつながっていた時はこの特急が活躍していました。

その他にも電気機関車などが展示されております。

Img_3945

こんな電車まで展示されているんですよ。

Img_4015 Img_4010

鉄道ファンにはワクワクする場所ですね。

Img_4004

鉄道博物館まではいかないとしても地域を盛り上げるにはこのような鉄道文化むらがあるとぜひとも行きたい!と思うはずですね。

そして建物の中には鉄道模型が走っているコーナーや鉄道土産販売コーナーなどがありました。

スロープがあるので入館できます。

Img_3989 Img_3993

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月29日 (水)

碓氷峠鉄道文化むら【4】 (群馬県安中市)

¥@いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

トロッコ列車で終着駅まで約15分の乗車。

Img_3960 Img_3961_2

終着駅には温泉施設があるんですが、残念ながら現在休業中。

Img_3963 ¥@

碓氷峠の散策をする人はここからどんどん山を登っていきますが、このトロッコ列車に乗っている人は散策する目的はありません。

結局、復路の出発までただ待つのみ。ちょっとつまらない・・・

Img_3967

まわりには何もないので残念ながら車内でのんびり15分位のんびりすることに・・・。

Img_3970

そしてついに出発。

往路は車内のガイドさんがいろいろと歴史などをお話されていましたが、復路は何も話さない姿がちょっと残念・・・。

復路はただ景色を見ているだけで15分間乗車します。

Img_3972 Img_3977

トロッコ列車だけで約1時間費やすところはちょっと長いかな・・・

このトロッコ列車で碓氷峠を越えて軽井沢まで行けるのであれば面白いかもしれませんが、そんなに長い距離は走らないとしても中途半端に15分位乗っているので、鉄道文化むらに徒歩で帰ることもできる距離ではありません。

せいぜい10分位の列車の旅でもいいのでは・・・?

話は変わりますが、トロッコ列車のバリアフリーについてです。

トロッコ列車の車内は車椅子のマークがついている場所が2ヶ所あります。

Img_3968

そしてドア部分も段差がないので車椅子を降りる時も意外とスムーズです。

Img_3969 Img_3966

でも動く鉄道に乗れたのは感激でした。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月28日 (火)

碓氷峠鉄道文化むら【3】 (群馬県安中市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

トロッコ列車の「シェルパくん」はドンドン進んでいきます。

Img_3944

このまま軽井沢まで行っちゃうんじゃないの?と思ってしまうくらい。

ちょうど15分位乗車しております。

そして「とうげのゆ駅」に到着。

Img_3962

しかし、このとうげのゆ駅の目の前にある天然温泉は現在休館中。

このとうげのゆ駅で降りてもトイレ休憩位でしょうか?

私は利用しないでトロッコの中にいました。

というのも、今度はぶんかむら駅まで折り返し運転。

やはり往復30分+休憩15分くらいは長すぎのように思えました。

もうちょっと短くてもいいかな・・・

行きも帰りも同じ景色だkらちょっと飽きてしまうかもしれません。

1時間経過してやっと鉄道文化むらの場所まで戻ってきただけでホッとしております。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月27日 (月)

碓氷峠鉄道文化むら【2】 (群馬県安中市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

佐久ICより高速をのり群馬方面へ。

Img_3928 Img_3929

上信越自動車道 松井田妙義ICを降りて国道18号経由で再び長野・軽井沢方面へ。

ICを降りてから10分位で横川に着きました。

大きな看板が出ているのですぐわかるところにありました。

「鉄道文化むら」という名前が右側に見えます。

Img_3931

身障者用駐車場は入口付近に数台分ありました。

Img_3932 Img_4016

ちょうど10時2・3分前に入口に入ったら、10時発でトロッコ列車があるようで車椅子でも乗車可能ということですぐトロッコ列車へ乗り込むことにしました。

列車の乗り場まではスロープになっております。(緩やかです)

Img_3933 Img_3934

車椅子になってから列車に乗る機会はほとんどなかったのでワクワクしましたね。

Img_3936

出発するとこの鉄道文化むらにとまっている特急・電気機関車の脇を通って行きます。

Img_3939 Img_3945

電車好きにはたまらないですよ。

そして廃止となった横川~軽井沢間の線路をドンドン進んでいきます。

スピードはかなりゆっくりですが、いろいろな景色を楽しめます。

Img_3977 Img_3982

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月26日 (日)

碓氷峠鉄道文化むら【1】 (群馬県安中市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

以前、テレビ番組で石原良純・中川家礼二などが訪れた場所

碓氷峠鉄道文化むら

Dsc_1027

最近は、鉄道博物館(さいたま市)がメジャーな鉄道関連施設ですが、今回訪れた群馬県横川にも鉄道関連の展示・体験施設があるんです。

昔は、信越本線が高崎~横川~軽井沢~長野方面に行けたのですが、現在では横川~軽井沢間は鉄道が廃止されております。

そのために長野新幹線でしか高崎側から長野方面に行けなくなっております。

横川駅はまだ実際に運営されていますが、横川から廃止された区間の一部を鉄道文化むらとしてトロッコ列車を走らせておりました。

ぜひとも鉄道好きな私は一度行ってみたいと思い、佐久平から横川へ向かいました。

高速道路利用で40分位でしたね。

横川といえば「峠の釜めし」が有名。

Dsc_1035

そのため、この鉄道文化むらで楽しんで、峠の釜めしを食べるというプランを考えました。

それでは鉄道文化むらへ

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月25日 (土)

ホテル東横イン佐久平駅浅間口【3】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

ホテル東横インの話題が続きますが、あえて気になることは、夕食は必ず事前に食べてくるか、もしくは事前に弁当を購入してくるかをしないと不便なことが多いですね。

ほとんどが駅前にあるホテルといっても、なかなか近隣にレストラン・居酒屋が見つからないことがよくありますね。

実際にレストラン・居酒屋があっても車椅子利用者が入店できるような場所でないケースが多いですね。

段差がある・入口が狭いなど・・・

今回は、佐久平駅に行きましたが、コンビニはなく地元土産ショップしかなかったですね。

Img_3909 Img_3910

Img_3914 Img_3913

近隣にはそば屋・居酒屋がありましたが、段差があり断念。

車椅子で10分くらい漕いだら、セブンイレブンがありました。

Img_3920 Img_3926

セブンイレブンで弁当を購入してホテルの部屋の中で食べました。

どうしても食べるところがない場合は、フロントでカップラーメンを販売していますので安心です。

★ホテル東横イン佐久平駅浅間口

長野県佐久市佐久平駅北1-1

電話 0267-66-1045

ホームページ http://www.toyoko-inn.com/index.html

JR佐久平駅(長野新幹線の駅)浅間口のすぐそば

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月24日 (金)

ホテル東横イン佐久平駅浅間口【2】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

ホテル東横インでは、バリアフリールームを「ハートフルルーム」と呼んでいます。

ホームページに各ホテルにハートフルルームA(1人用)・ハートフルルームB(2人用)が掲載されております。

部屋は大きくないというよりコンパクトに出来ております。

それでもトイレと風呂は別々に分かれているのが特徴ですね。

Img_3897 Img_3900

そして他のホテルではじゅうたんばりになっていてフロントから部屋に行くまで車椅子走行がスムーズでなく疲れてしまうこともある中で、この東横インはあまり移動が少なく作られておりますので助かります。

本当に素晴らしい!

またかなり粋だと感じたのが、2人用になっているハートフルルームで壁掛けテレビが2台あったことです。

Img_3901 Img_3902

ベッドに寝ながらみることができるように作られているんです。

さすが東横イン!

快適さへの追求ですね。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月23日 (木)

ホテル東横イン佐久平駅浅間口【1】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

長野市から佐久市までちょうど1時間走って向かったのが、

ホテル東横イン佐久平駅浅間口

Img_3922

明日の旅行は、群馬県横川からスタートする予定だったので、少しでも横川に近いホテルということで佐久平駅の東横インを選択しました。

Img_3927

ホテルには身障者用駐車場が1台分用意されております。

Img_3925

他の方がつかっていると止められないので、事前にホテル側にお伝えしておいた方がいいでしょう。

ホテルに到着してホテルの部屋はバリアフリーBの間取り。

Img_3893 Img_3894

Img_3895

本当に使いやすい部屋になっていますね。

障がい者の友人の中でも東横インが一番宿泊しやすいホテルだと評判です。

以前は耐震偽装の問題でマスコミから叩かれた東横インですが、今では他のホテル以上に改善されています。

日本にある東横インの大半では、バリアフリーの部屋を用意されているくらいです。

徹底した対応はぜひともマスコミで紹介すべきでしょうね。

あとは電動ベッドがあれば最高ですが・・・(あくまでも私の希望です)

今回は風呂には入らなかったですが、東横インではお尻を移動させるための台を必ず用意していますので他のホテルのバリアフリールームよりは使いやすいですね。

Img_3898 Img_3899

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月22日 (水)

長野県信濃美術館 東山魁夷館【2】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

せっかくきれいな美術館に訪れたので、絵葉書などを買おうと思っていましたが、結局はなぜかお香を買ってしまいました。

Dsc_1076_2

そのお香の香りがすごく気に入っています。

いろいろなグッズが販売されていますが、東山魁夷の絵画は本当に優雅さがあり1枚くらい自宅に飾りたいものです。

値段が高額だと思うので私には難しいと思いますが、かなり気に入りました。

館内はバリアフリーになっております。

段差はありませんでした。2階へはエレベーターでいけるようになっております。

身障者用トイレも設置されております。

Img_3879 Img_3880

善光寺へは今回行くことができませんでしたが、東山魁夷館が本当によかったので満足しております。

行った当日は、若いデザイナーの展覧会もやっていました。

時間が17時終了ですので、早い時間帯に行かれるといいと思います。

私はかなり時間ギリギリでセーフでした。(笑)

★長野県信濃美術館 東山魁夷館

長野市箱清水1-4-4 (善光寺東隣)

電話 026-232-0052

ホームページ http://www.npsam.com/index.php

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月21日 (火)

長野県信濃美術館 東山魁夷館【1】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

善光寺の観光をあきらめ、善光寺にほぼ隣接されていた美術館に立ち寄ることにしました。

長野県信濃美術館 東山魁夷館

Img_3885

ここには身障者用駐車場があったのでホッとしました。

Img_3876 Img_3888

駐車場から美術館まではスロープ等がありましたが長い距離ではありませんでした。

Img_3887 Img_3886

Img_3884

その距離の中で建物や庭がものすごくおしゃれだったのが印象的です。

Img_3881 Img_3883

美術館ではありましたが、こんな家に住んでみたいな・・・と思ったのがこの美術館です。

どなたが設計したのかはわかりませんが、ものすごいデザイナーが作ったんではないでしょうか?

私はあちこち旅をしていますが、これほどきれいな場所はあまり見ないですね。

Img_3882 Img_3878

美術館内の作品は撮影禁止でしたので、ホームページでご覧ください。

→ホームページはこちら

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月20日 (月)

旅先で長野旅行延長!【2】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

3日目にかんぽの宿 諏訪に行くのを決めたのは、バリアフリーの宿に泊まりたいというだけではなく、一緒に同行した母がもう一度「SUWAガラスの里」を見たいということもありました。

確かに1日目にSUWAガラスの里に1時間だけの滞在は少なかった・・・

Img_3681

展示物だけでなくガラス細工の販売数がハンパない!

これでは1時間では難しい・・・

やはり2・3時間は欲しいところ。

それではもう一度諏訪に行った際に、「SUWAガラスの里」へ立ち寄ることにしました。

行きも帰りも中央道を利用するとは思わなかったですが、めったに中央道を利用することはないのでこれも何かの縁だと思いました。

それでは話をもとに戻して、黒部ダムを見た後に向かった場所は長野市方面。

長野にきたら「善光寺」に行きたい!とふと思ったんです。

ただ事前にバリアフリー情報を調べていなかったので失敗しました。

長野オリンピック・パラリンピックの時に車椅子の方が善光寺に訪れたという記憶しかなかったんです。

実際に1時間半くらいかけて善光寺周辺に行ったものの、身障者用駐車場が分からない・・・。

善光寺周辺を2周くらいしてしまいましたよ。

結局、善光寺は断念!

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月19日 (日)

旅先で長野旅行延長!【1】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

今日の宿はまだ決まっておらず・・・

当初は1泊2日で黒部ダムを見たら茨城へ帰ろうと思っていました。

でも休日があと3日あるのでもうちょっと長野で楽しみたいと思いまして旅を延長することにしました。

まずはどこで宿泊するか?

バリアフリーのホテル・旅館は一体どこにあるのか?

思いついたのが「かんぽの宿」「東横イン」

近隣のかんぽの宿に電話しましたよ。

山梨県石和・長野県諏訪・群馬県草津・群馬県磯部

すべて満室でした。

ただ長野県諏訪だけは翌日なら空室という情報をたまたまもらいました・・・。

次は東横インに電話をしました。

まず電話したのが佐久平駅浅間口へ

Img_3922_2

空いていましたので予約をしました。

そして、翌日はせっかくかんぽの宿が空いていたので「かんぽの宿 諏訪」に予約をいれました。

Img_4122

これで3泊4日の旅行に決定!

今日は、あと善光寺(長野市)→東横イン佐久平駅浅間口へ

翌日は、群馬県横川で峠の釜めし・碓氷峠鉄道文化むら~軽井沢~美ヶ原高原美術館~かんぽの宿 諏訪へ

という流れを急きょ追加しました。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月17日 (金)

松本→黒部ダムへ【12】~扇沢駅~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

黒部ダム駅でもトロリーバス乗車の際は、駅員さんが車椅子を押してくださいます。

Img_3854

黒部ダム駅からちょうど15分で扇沢駅に戻ってきました。

Img_3856 Img_3858_2

いやあ素晴らしい場所でした。

Img_3859

3階に到着するので、3階からエレベーターを乗って2階へ。

Img_3860 Img_3861

ここにはお土産販売やレストハウスなどがありました。

Img_3868 Img_3871

このレストハウスでも黒部ダムにあった黒部ダムカレーがありましたよ。

Img_3869

今回感じたのは、駅員さんが本当に優しかったことですね。

年配の方々中心で運営されていますが、いろいろと声をかけてくれます。

またいつかこの場所に来たくなりますね。

寒い間は難しいかもしれませんが、いつか黒部ダムから立山の方に抜けてみたいものですね。

車を扇沢駅で預けて、富山の立山の方まで届けてくれる会社もあるようです。

そうなれば、往復しないで行けるんですよ!

夢みたいな話です。

次は、長野市へ向かいます。

★関電トロリーバス ホームページ http://www.alpen-route.com/access/vehicle/vehicle06.html

★立山黒部アルペンルート ホームページ http://www.alpen-route.com/index.php

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月16日 (木)

松本→黒部ダムへ【11】~黒部ダム~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

帰りのトロリーバスに戻る際には必ず案内所の駅員さんに伝えます。

次の、さらにその次のトロリーバスに乗車することになります。

ある程度、車椅子利用者が増えてまとまったら駅員さんと一緒にトロリーバスの駅へ。

ところが行きは下り坂。でも帰りは上り坂。

かなり急傾斜になっていますが、駅員さんが600M車椅子を押してくださいます。

Img_3788

本当にありがたいですね。

話はちょっと反れますが、先日テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でトレたまという新しい流行品を紹介しております。

その名は「JINRIKI」

着脱式けん引式車いす補助装置です。

JINRIKIという名は、車いすを「人力車」のように「前輪を浮かせて引く」ことです。

その流行品があれば駅員さんたちの疲労がなくなるのかな・・・って思っていました。

また乗っている車椅子利用者の乗り心地も安定します。

最近の福祉機器はかなり便利になっていますよ。

ぜひとも検討されることを期待します。

★JINRIKIホームページ http://www.jinriki.asia/products

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月15日 (水)

松本→黒部ダムへ【10】~黒部ダム~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

黒部湖をゆっくり車椅子で進みましたが、ここで結構疲れましたね。

舗装はされている道路ですが、さすがに徒歩15分のところを往復するのは疲労を感じます。

でも景色はきれいですよ。景色が疲れを消してくれればいいんですが・・・。

Img_3837 Img_3834

やっと15分位かかり黒部ダム駅案内所まで戻ってきましたよ。

Img_3850

黒部ダム駅案内所の後ろに身障者用トイレがありました。

車椅子利用者の方は数名いましたので、もしかしたら並ぶかもしれません。

ある程度余裕をもっていかれた方がいいですね。

Img_3848

Img_3849

また案内所の脇には湧き水があります。

Img_3851

すごく冷たいですよ。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月14日 (火)

松本→黒部ダムへ【9】~黒部ダム~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

昼の食事を食べた後で黒部ダム周辺を眺めることにしました。

Img_3841

黒部湖がとてもきれいに見えましたよ。

Img_3829 Img_3833_2

ダムの周辺では虹が出ていました!

Img_3847

ビックリですよね。

橋から見える眺めは格別です!

Img_3835 Img_3840

約15分くらい進むと今度はケーブルカー乗り場があります。

Img_3843 Img_3845

ここから先に行くのかどうか?

Img_3842

ここから先は

・黒部湖~黒部平(黒部ケーブルカー 5分)

・黒部平~大観峰(立山ロープウェイ 7分)

・大観峰~室堂(立山トンネルトロリーバス 10分)

・室堂~弥陀ケ原~美女平(立山高原バス 50分)

・美女平~立山駅(立山ケーブルカー 7分)

ただこの時間だけでなく待ち時間が発生します。

さてどうするか?

大観峰まで行ったらいかがですか?とトロリーバスの駅員さんにアドバイスをもらいましたが、大観峰まで行って帰ってくると見学時間・交通機関の待ち時間も含めると2~3時間増えるので今回は見送り。

気になるのは、黒部ダム駅~黒部湖駅間は交通機関がないので約15分かかること・・・

疲れた時に交通機関がないのは厳しい。

残念ながら黒部ダム駅に戻りました。

Img_3830

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月13日 (月)

松本→黒部ダムへ【8】~黒部ダム~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

放水観覧ステージを見終わった後はどうするか?

残念ながら、この放水観覧ステージの上の方に展望台があるんですが、こちらは階段でしか行けません。

そのため、今来た道を戻ります。

Img_3816

細い道路です。

そして戻ったところで昼食をとることにしました。

売店の2階がレストランになっておりました。

Img_3825 Img_3826

2階に行くエレベーターはありません。そのため、外側にあるスロープで2階に行きます。

レストランはやはりかなり混雑しておりました。

せっかくなのでここで食べることに・・・。

注文したのは、黒部ダムカレー。

緑色のカレーが出てきました。

Dsc_1021 Img_3827

ダムの堤防をイメージしているようです。

ただ私的には緑のカレーではなく通常の色のカレーが良かった・・・。

カレー以外にもメニューはありますが、ほとんどの人がご当地ものだと思い、カレーを注文していました。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月12日 (日)

松本→黒部ダムへ【7】~黒部ダム~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

ついにやってきた黒部ダム。

車椅子利用では行けないと思っていた場所に来ることができました。

本当に感動しましたよ。

約170名の方々が命を落としたとされるこの地は、日本の高度成長期に電力が必要とされたために作られました。

私たちは2011年の東日本大震災で福島第二原発が事故に遭い、これから電力が足りるのか足りないのか?と今言われていますが、当時は日本が成長するにはこの黒四ダムは欠かせなかったダムだったんですよね。

慰霊碑に拝んだあとには、あのテレビでよく見るダムの放水を見に行きました。

以前は車椅子利用では見ることができなかったようですが、近年車椅子の方でも放水を見れるように場所が設置されたようです。

放水観覧ステージといわれる場所です。

売店の脇を進んでいきますが、途中からは細いところを通ります。

Img_3807 Img_3808

高所恐怖症の方はちょっと厳しいかも・・・。

Img_3823

そして放水観覧ステージに到着。

Img_3815 Img_3814

この水の勢いに感動です!

Img_3810_2

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月11日 (土)

松本→黒部ダムへ【6】~トロリーバス~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

20分くらい乗っていると黒部ダム駅に到着します。

Img_3785

黒部ダム駅でも駅員さんが車椅子利用者のフォローをしてくれます。

黒部ダムへは駅から600M離れています。

長い下り坂をすすんでいきます。

私は補助なしで坂をすすんでいきましたが、若干の勾配がありますので自走が厳しい人は駅員さんにお願いした方がいいでしょう。

Img_3787

上りは自走は難しいですね。

600Mを過ぎるとあの黒部ダムの風景が目の前に現れます。

Img_3798

ついにここまで来た喜びが湧いてきましたよ。

いろんな人があちらこちらで写真を撮りまくっていましたね。

まずは、黒四ダムを造るために170名くらいの方々亡くなりました。

その亡くなった方の慰霊碑がそばにあるので拝みに行きました。

Img_3789 Img_3794

Img_3795 Img_3796

さすがにすごい風景ですね。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月10日 (金)

松本→黒部ダムへ【5】~トロリーバス~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

発車です。

ただ別に繋がれているバスではありませんが、1号車から順に同じ時刻に出発していきます。

最後号の私たちが乗り込んだバスが動きました。

Img_3780 Img_3781_2

すぐトンネルへ入っていきました。

Img_3782

狭いトンネル内で運転手の方は上手にハンドルをさばきます。

多分トンネルに合わせてバスが作られたのでしょうね。

ここは排気ガスなどを出さないために電気の力で動くトロリーバスを使用しています。

つまり、電車と同じくバスの上には電線がつながっています。

エコですね。

バスのナレーションは黒部ダムの歴史などを時間通りに語ってくれます。

入って10分位するとあの破砕帯にやってきます。

破砕帯が分かるようにトンネル内を青色で区別されています。

Img_3783

この破砕帯を掘っていくのが黒部ダム(黒四ダム)を作る上で一番大変だったんですね。

「黒部の太陽」ではその苦労が非常にわかります。

Dsc_1087

ぜひとも感動できる作品です。

私は、黒部ダムから帰ってきたらすぐ「黒部の太陽」を購入しましたよ。

おすすめです!

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 9日 (木)

松本→黒部ダムへ【4】~扇沢駅~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

扇沢駅の2階はいろいろなショップがありますが、お土産は帰りにしたいと思っていたのであとでご紹介します。

トロリーバスは車椅子利用者がまず先に乗り込むので、次に発車するバスには乗れません。

その次のバスに乗ることになります。

30分ほど待っていざトロリーバスへ。

一般の方と違って3階までエレベーターで移動します。

そしてトロリーバスが5・6台くらい並んでいます。

Img_3772 Img_3775

その一番後ろに乗り込みますが、ノンステップバスではありません。

スロープをかけていただき、駅員さん数人で車椅子利用者の乗車フォローをしてくれます。

Img_3776

凄い角度のスロープですが、駅員さんのチームワークで力強く対応してくれます。

車椅子利用者が多かったことにとてもビックリしました。

多分、車椅子でも行ける情報がかなり伝わっているんですね。

皆さん、同じ一番後ろのバスに乗り込みます。

そして一般の方は順番に前からのバスに乗車します。

つまり5・6台のバスが一斉発車します。

車椅子利用者はバスの通路の部分に乗ります。

Img_3777 Img_3778

それでは、黒部ダムに向かって発車!

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 8日 (水)

松本→黒部ダムへ【3】~扇沢駅~

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

扇沢駅に到着したらすぐ駅員さんが来てくださいました。

今回、黒部ダムへの旅行をして一番驚いたのは、駅員さん方の配慮ですね。

まずは、トロリーバスのチケットを購入。

Img_3760 Img_3855

そしてトロリーバスの入口が2階なのでエレベーターで移動。

Img_3759

すごい並んでいましたね。

Img_3761_2 Img_3769

それも多くの人が寒さ対策!!

自分たちはかなり軽装だったので逆に本当に大丈夫か?と思ってしまいました。

私が行ったのは9月末だったので、あまり寒い時期ではなかったですね。

むしろ残暑があるくらいの季節。

2階には黒部の各所がモニターで紹介しているんですが、さすがに奥へ行くと気温が低いんですね。

Img_3764 Img_3765

黒部ダムは14.6℃・大観峰は11.7℃

Img_3766 Img_3768

室堂は8.7℃・弥陀ケ原は11.1℃

これは寒すぎる。

まずい・・・

標高が違うので黒部ダムより奥に行くとちょっと寒いですね。

さすがに9月末では紅葉まではいきませんが、冬は近いんですね。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 7日 (火)

松本→黒部ダムへ【2】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

松本から出発して約1時間くらいで黒部ダムの玄関口である信濃大町へ。

信濃大町からどんどん山奥へと入っていきます。

Img_3750 Img_3751

明らかに黒部ダムを見に行く以外に用事はないといえる道路をどんどん進んでいきます。

Img_3752 Img_3753

こんな山奥に行って本当にいいんだろうかと思って約30分進んだら、トロリーバスの発着駅である扇沢駅に到着しました。

Img_3756 Img_3865

こんなにこの山奥に車・車・車だらけ。

明らかに私と同じように黒部ダムを見たいと思っている人が多いことがよくわかります。

平日でしたからね。それでも大混雑ですよ。

身障者用スペースがありますので、係員の方が誘導してくれます。

Img_3862

そして車のドアを開けると、9月末だというのに気温が少しヒヤッとするくらい冷たいですね。

松本から1時間半離れた山奥は気温が下がっているんですね。

でも黒部方面はもっと下がっているはず。

防寒具は絶対に欠かせないですね。

それでは、扇沢駅へ

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 6日 (月)

松本→黒部ダムへ【1】

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

ホテル玉之湯で温泉にも入り、フォークソング演奏も聴き、美味しい料理も食べてゆっくり過ごした翌日は、私が一番行きたかった場所へ。

黒部ダムへ

Dsc_1020

あの大迫力のダムを一度でいいから見てみたかった・・・

車椅子では行けないだろうと諦めていたんですが、いろいろとホームページなどで調べると行けることが分かったんです!

でも実際に車椅子で行ったことがある方を知らなかったので、現地に着くまではものすごく不安でした。

近くまで行ってダメでした・・・となるんじゃないかなとか考えたりしましたが、いざ行くことに決めました。

2日目の朝は本当にいい天気でした。

Img_3747 Img_3748

ホテル玉之湯のある松本から黒部ダムの長野側玄関口であるトロリーバスの扇沢駅まで車で約1時間半くらい。

Img_3749

天気がよかったので長野の景色はきれいでしたね。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 5日 (日)

ホテル玉之湯【5】(長野県松本市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

次は、貸切風呂です。

フロントで時間になったら貸切風呂のカギをかります。

エレベーターで最上階に行きます。

Img_3737

今回は露天風呂ではなかったですが、露天風呂にもバリアフリーな風呂になっているようです。

今回私たちが利用した風呂は、温泉旅館ドラマ「はるちゃん」で話題になった女優さんの写真が飾っていました。

つまり、はるちゃんの「はるの湯」となっていました。

着替えをする場所に乗り移って、そのまま風呂方面に腕でお尻を持ち上げながら進みます。

Img_3726_2

かつて私が車椅子生活の訓練の場となったリハビリセンターの共同風呂に似ていました。

これなら車椅子利用者の方でも入りやすくなります。

Img_3729 Img_3730

いやあ温泉は気持ちがいいですね!

Img_3735

最高です!

なかなか温泉に入れる場所がなかっただけにすごく嬉しいですね。

シャワーも風呂のすぐそばにあり、そのまま使えます。

Img_3736

こういった造りのホテル・旅館が増えることを期待しております。

バリアフリーの整ったホテル玉之湯さんにはぜひともまた泊まりたいですね。

すごく感激した宿でした。

★ホテル玉之湯

長野県松本市浅間温泉1-28-16

電話 0263-46-0573

ファクス 0263-46-5178

ホームページ http://www.asama-tamanoyu.co.jp/

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年1月 4日 (土)

ホテル玉之湯【4】(長野県松本市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

食事を済ませてから貸切風呂の時間を決めました。

21時~22時の1時間借りることにしました。

食事を食べてからまだ時間があったので、このホテル玉之湯で開催されているコンサートを観ることにしました。

Dsc_1017

1階のふれあい広場「車坐」にて20時半~。

今回初めてこのようなコンサートを観ましたが、私もお袋も大変気に入ってしまいました。

なんかあったかいムードになれますね。

今回のコンサートはフォークソングバンドでした。

演奏者は藤森さん・上坂さん・下川さんの3名のバンド。

Dsc_1018

藤森さんの声が大変良かったですね。

昔のフォークソングを歌ってくれます。

リクエストにも応えてくれていましたね。

ただ私たちの貸切風呂の時間が21時~だったので、なんとか粘って21時15分までバンド演奏を聴いていました。

演奏途中で立ち去るのが非常に申し訳なかったです。

ごめんなさい・・・

本当にいい演奏でした。

最高でした!

つづく・・・。

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 3日 (金)

ホテル玉之湯【3】(長野県松本市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

次は夕食です。2階で食事をとりますが、ここもテーブルの下に足を入れられる高さになっております。

Img_3723 Img_3722_2

通常はアルコールは飲まないんですが、今日は久々にご当地ビールを飲みました。

金賞・銀賞受賞したビールがあるようなので注文しましたよ。

銀賞のケルシュビールにしました。

Img_3719 Dsc_1015

美味しかったですね。

食事についてもかなり豪華でしたね。

Dsc_1016

高級な信州牛がいただけます。

Img_3720 Img_3721

また信州といえばお蕎麦ですので、手打ち蕎麦もコースの中に入っていました。

Img_3724

いやあ落ち着いた雰囲気のところで夕食をいただきました。

すごく良かったですね。

朝食も美味しかったです。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 2日 (木)

ホテル玉之湯【2】(長野県松本市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

今回の宿泊は、インターネットで予約しました。

今回駐車場のお願いをしておりませんでした。

インターネットで予約をしても、必ずホテルに連絡をして駐車スペースの確保をしてもらっていた方が良かったですね。

たまたま駐車スペースがあったので、その場でお願いしてとめさせていただきました。

今回の部屋は、ベッドが2基ついている部屋でしたね。

Img_3713

私が泊まった部屋以外にもかなりの部屋数でバリアフリールームがありましたね。

とにかくバリアフリーに力が入っていました。

床は畳になっていますが、琉球畳のように車椅子で走行しても頑丈なつくりになっているものでした。

Img_3715

身障者用トイレは設置しておりました。

Img_3714

風呂は貸切風呂になっているため部屋にはついておりません。

洗面台の下には車椅子に乗ったまま足をいれる高さになっております。

Img_3717 Img_3716

大きい部屋ではありませんが、食事をとるわけではありませんのでちょうどいいサイズでした。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月 1日 (水)

ホテル玉之湯【1】(長野県松本市)

いつも見ていただきありがとうございます。

バリアフリーの情報をお持ちの方がいらっしゃったらドシドシご連絡をお待ちしております

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

長野旅行で訪れた初日の宿泊地は、松本市にある浅間温泉「ホテル玉之湯さん」

バリアフリーに力をいれている宿であるとホームページに書かれておりました。

そして今回、自分が車椅子利用者なので実際にバリアフリーを体験したかったので宿泊することにしました。

結果的にはすごく大満足でしたね。

私は旅行が好きなので年に数回あちこちのホテル・旅館に泊まります。

バリアフリールームということで予約をしますが、安心して風呂に入れるところはほとんどないんです。

Img_3726

なぜなら、車椅子を利用している方のどのレベルに合わせた造りをしているのか大きな問題になります。

そのため、大概のホテル・旅館では普通のお風呂が設置されてあるだけというのがよく見かけます。

しかし、今回のホテル玉之湯さんは違いましたね。

貸し切り風呂というものでしたが、脱衣場から風呂場までフラットな造りになっており、車椅子利用者でも安心して入れるものでした。

私的には過去泊まったホテル・旅館ではNO1ですね。

つづく・・・

↓ ↓ ↓下のボタンをプチッと押して頂き、このブログとともに応援をお願いします。

障がい者 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »